内科・精神科・神経科 医療法人くすのき会 南飯能病院

作業療法室のご案内

精神科作業療法とは

精神疾患によって人が生きていくうえで大切な日常の生活能力が低下したり、個々の意思や楽しみが見いだせない方々に対し、様々な作業・活動を通し、精神機能の回復・対人関係能力の改善・趣味や楽しみの会得・基礎能力の向上など、その人がその人らしい生活を送れるように行うリハビリテーションです。

当院では入院中の患者様に対し作業療法を展開しています。プログラムを通じて個々の気持ちに寄り添い、心と体のケア・入院生活での余暇活動・退院に向けたサポートを実施しています。

こんなお困りごとはありませんか?

  • 入院中、することが無くて退屈だ
  • 体を動かしたい
  • ストレスを発散させたい
  • 夜眠れない
  • 人と交流したい
  • 趣味活動をしたい
  • 新しく出来る事をみつけたい
  • 退院後の生活が不安だ

わたしたちがサポートできること

入院中の生活支援

作業療法の処方がされた患者様は担当の作業療法士が面談し、プログラムを決めていきます。プログラム内容だけでなく、入院生活上困っている事に関しても担当の作業療法士が相談に乗りサポートします。

退院に向けた支援

ひとりひとり安心して退院が出来るよう、担当の作業療法士が退院後の生活にも焦点を当てた計画を立てサポートします。

退院後の支援

デイケア、訪問にも作業療法士がいるので、顔つなぎも行え不安が無いようにサポートします。

南飯能病院の精神科作業療法の特徴

主に集団活動をメインにプログラムを展開しています。運動や手芸、音楽などを中心に入院生活中の心と体のケアや退院に向けたサポートを行います。また、音楽療法士も在籍しているので音楽療法も主活動の一つとして取り組んでいます。

プログラムの内容

外活動 ウォーキング、バドミントン、キャッチボールなど。
グラウンドを使って活動しています。
自由空間 トランプ、麻雀、手芸、音楽鑑賞などご自身で作業を選択して取り組みます。
ウォーキング・園芸 グラウンドと中庭で活動します。ウォーキングと園芸のグループに分かれて実施しています。
シ・ネ・マ 映画鑑賞です。参加している皆様からリクエストも聴いて上映しています。
楽器隊 音楽療法士が主に担当しています。
楽器を使ったリズム活動をはじめ、院内行事で練習の成果を発表したりもしています。
MONOつくり(個人・集団) 手芸活動です。
グループ制作と個人で日にちを分けて実施しています。
オレンジの会 高齢者向けの活動です。音楽療法や回想法など、認知機能面と身体機能の維持へ向けた活動です。
クスノキC.C. グラウンドにて行います。
ゲートボール、グラウンドゴルフを隔週ずつ行います。
ON・STAGE カラオケ活動です。
自分で曲を選んで多数の人の前で歌唱します。
健研 室内運動活動です。ヨガ、棒体操、ストレッチ、筋トレなど幅広く行っています。
病院OT 作業療法士や音楽療法士が病棟に行って実施します。映画、レク、音楽療法、選択的活動など曜日ごと内容を変え実施しています。
MT 音楽療法です。合唱や楽器活動など音楽療法士を中心に展開しています。
運動部 その都度外で出来る運動をメインに実施しています。
ソフトボール、サッカー、ゴルフなど

ギャラリー