よくあるご質問

外来について

Q:電話で予約はできますか。

はい、できます。042-972-7111までお電話ください。
ただし、外来を担当する医師によっては予約を承れないことがございますのでご了承ください。

Q:紹介状が無い場合でも受診できますか。

他院での治療歴のある疾患については可能な限り、紹介状をお持ちください。
紹介状がない場合でも受診は可能です。また、ご予約がない場合はご予約がある方を優先いたしますので、お待ちいただくことになります。

Q:保険証がない場合でも診察は可能ですか。

診察は可能ですが、全額自費(医療費の120%)でお支払いいただくことになります。
領収書を元に、保険証の発行元に保険適用分の払い戻し請求をお願いいたします。

Q:診療情報(カルテ)を提供していただけますか。

代表にお電話をいただくか、1階受付にご相談ください。

Q:診断書が欲しいのですがもらえますか。

1階受付でお申し出ください。ご依頼いただいてから、2~3週間ほどお時間をいただきますので、申請等に使用される場合はお早めにお申し出ください。
診断書ができあがり次第ご連絡いたします。

入院について

Q:面会の時間帯を教えてください。

13:00~16:00です。この時間帯以外のご面談をご希望の場合は、1階受付またはナースステーションにご相談ください。

Q:入院時の持ち物はありますか。

はい、あります。詳しくは入院のご案内のページをご確認ください。

Q:病院内で喫煙はできますか。

敷地内は全面禁煙となっております。ご理解いただけますと幸いです。

アクセスについて

Q:車で行きたいのですが、駐車場はありますか。

はい、あります。駐車料金は無料です。

Q:最寄り駅からの行き方を教えてください。

お車でお越しの場合、電車でお越しの場合(駅からは無料送迎バスもございます)について、詳しくはアクセスのページに記載しておりますのでご確認ください。

地域医療連携室について

Q:障害者手帳の申請はどのようにしたらいいのか、わかりません。

精神疾患の初診から6ヶ月以上が経過してから必要書類をそろえてお住まいの市区町村の障害福祉担当窓口で申請できます。交付対象となる疾患がどうかも含めて、主治医と連携しながら申請のお手続きをサポートいたします。

Q:入院での治療は完了し退院の話が出ていますが、自宅に戻って生活できるのか不安です。

仲間と一緒に生活の練習をしたい場合はグループホームを、自宅での生活に不安がある場合は訪問看護を、社会復帰をめざして通いでリハビリを希望であればデイケアをご紹介することができます。

Q:認知症の症状も出てきたので、自宅に戻るのではなく施設への入所を検討したいのですが相談できますか。

法人内に介護老人保健施設がございます。こちらにおつなぎすることが可能です。

精神科デイケアについて

Q:昼食代はかかりますか。

ショートケア(半日)には昼食サービスはございませんが、デイケア(1日)は昼食の無料サービスがご利用いただけます。

Q:週に何回も利用すると費用が心配です。

自立支援医療制度を利用することで一定金額以上の負担がなくご利用いただけます。詳しくは担当スタッフにご相談ください。

精神科訪問看護について

Q:現在、家事の支援や配食の支援を受けていますが、訪問看護も受けられますか。

訪問看護も受けることが可能です。主治医にご希望をお伝えください。

Q:週に何回来てもらえますか。

基本的に週3回まで可能です。ご訪問回数は病状や患者様のご希望などを加味し、主治医と相談の上で決めていきます。

Q:家族は訪問を希望していますが、本人は希望していません。このような場合も訪問看護を受けられますか。

ご家族を通じての訪問も状況によっては対応可能です。まずはご相談ください。

飯能ケアセンター楠苑

Q:申し込みの前に見学することは可能ですか。

はい、可能です。随時受け付けております。担当が対応中の場合もありますので、予めお電話にて見学予約をお願いいたします。

Q:土日祝日又は夜間の見学も可能ですか。

土曜日の9時~16時までの見学は対応しております。それ以外の時間については申し訳ありませんが、ご対応できかねますのでご了承ください。

Q:ほかの施設と同時に申し込み、検討してもいいですか。

お急ぎの場合が多いと思いますので大丈夫です。ほかの施設に入所が決まった場合は、速やかにご連絡いただけますと助かります。

【施設への入所】

Q:いつもの先生に診てもらいたいのですが可能ですか。

原則として介護老人保健施設に入所されている方の日常的に必要な診察や投薬などの医療に関しては施設の医師が担当することになっています。
もし、施設の医師で対応できかねる病状の変化があった場合は連携している医療機関に速やかにおつなぎいたします。

Q:入所後に病状が悪化して入院になった後で回復した場合、退所後に病状が悪化して自宅での生活が難しくなった場合に再度入所できますか。

お部屋が空いている限りお引き受けいたします。まずはご相談ください。

Q:特別養護老人ホームとの違いを教えてください。

常時の介護が必要な方、かつ自宅での生活が難しい方が対象となるのは同じですが、在宅に戻って生活をするために必要なリハビリを実施するのが当苑のような介護老人保健施設です。

【リハビリ】

Q:リハビリはどれくらいやってもらえますか。

当苑には理学療法士4名・作業療法士2名・言語聴覚士1名とリハビリの専門スタッフが豊富に在籍しています。
専門スタッフから週2回から5回程度のリハビリを受けることが可能です。
その他、日常的な生活動作や在宅へ向けてのリハビリは居住フロアーで介護士より受けることが可能です。

指定居宅介護支援事業所 くすのき

Q:要介護認定の結果が出るまでサービスは使えないのですか。

要介護認定の結果が出るまでは、調査にきてから1ヶ月ほどかかります。認定が下りる前でも暫定的な介護サービスを利用することが可能です。

Q:介護保険サービスが利用できるのは何歳からですか。

原則として65歳以上の方です。40歳以上65歳未満の方は、特定疾病が原因で介護や支援が必要と認定された時にサービスの利用が可能となります。

Q:どの介護サービスを利用するかは本人または家族が決められますか。

もちろんです。ご本人様、ご家族様が介護支援専門員と相談して適切なサービスを選択することが可能です。
介護サービスには、ご自宅で利用できるサービス(訪問介護・訪問看護・訪問入浴等)、施設に通ったり宿泊したりするサービス(デイサービス・通所リハビリテーション・ショートステイ等)、生活環境を整えるサービス(福祉用具貸与・住宅改修等)等がありますので、お困りごとを介護支援専門員にご相談ください。

Q:介護支援専門員とはどのような人ですか。

保健・医療・福祉の各分野で5年以上の実務経験があり、筆記試験に合格した後、実務研修を修了した有資格者です。介護を必要とする方が、ご自宅で安心して生活できるよう、介護保険の認定からサービス利用等をお手伝いいたします。

グループホームももんが

Q:福祉サービスを利用するのは初めてです。手続きについて分かりませんが相談しても良いですか。

はい、できます。手続きの方法についてもご説明させて頂きます。

Q:これから障害者手帳を取得するのですが、ご相談に伺っても良いですか。

はい、できます。障害者手帳の取得についてもサポートいたします。

Q:現在入院中です。退院後はグループホームに入所したいと思っています。いつ頃ご相談に伺えばいいですか。

利用までには「障害者手帳」「障害支援区分」「福祉サービス受給者証」が必要になります。申請に1か月~3か月ほどお時間がかかりますのでお早めにご相談ください。

Q:本人が入院中で相談に伺うことが難しいため、家族が代理で相談に伺ってもいいですか。

ご相談はご家族や支援者からも承っております。利用者様が主体的に生活する場所になりますので見学からはご本人様がお越しください。

Q:1か月あたりの生活費はどのくらいかかりますか。

利用料や生活費、医療費などを含め概ね10万円~11万円の支出で生活されている方が多いです。福祉サービス費、医療費は利用者様の所得によって個人差があります。

相談支援センターアスエル

Q:相談したい場合は事業所に行く必要がありますか。

はい。基本的には日程を合わせて頂き、事業所にてご相談を承ります。ですが、ご希望があれば、ご自宅等へ訪問し、相談することも可能です。

Q:小さい子どもがいても大丈夫ですか。

プレイルームがありますのでお子さんと一緒にご相談をすることが可能です。
※飯能市 すこやか福祉相談センター みなみ町、相談支援センター アスエル、飯能市 地域包括支援センター みなみ町の共用です。

すこやか福祉相談センターみなみ町

Q:障害の種別(身体・精神・知的)を問わず相談できますか。

障害の種別は問いません。お気軽にご相談ください。

Q:まだ障害者手帳を持っていないのですが相談できますか。

はい、大丈夫です。障害者手帳の取得に関するご相談も承ります。

Q:家族ですが、本人には内緒で相談に伺うことはできますか。

ご家族からのご相談も承っております。個人情報は守秘義務に基づき目的外の利用はいたしません。必要に応じて行政機関等と連携を取らせていただくことがあります。

Q:高齢者の介護のことも相談できますか。

地域包括支援センターや居宅介護支援事業所におつなぎすることも可能です。
困っていることがあればまずはご相談ください。

飯能市地域包括支援センターみなみ町

Q:相談内容が他に知られないか心配です。

個人情報は守秘義務に基づき目的外の利用はいたしません。必要に応じてサービス事業所、ボランティア団体、行政等に連絡することがあります。

Q:地域包括支援センターとはなんですか。

高齢者の総合相談窓口です。平成18年に全国に設置され、看護師・保健師、主任介護支援専門員、社会福祉士の3つの専門職が配置され、いろいろな相談に対応します。
飯能市地域包括支援センターみなみ町は、飯能市役所介護福祉課の委託事業として、医療法人くすのき会が設置しております。